『小粋な日記。』
mixnoopy.exblog.jp
Top | Out
誕生!!
2007年 11月 18日 |
11月7日、午後2時26分。3404gの元気な男の子を出産しました。
e0032029_728193.jpg
予定日を1日過ぎた6日の朝おしるしがあり、夕方から軽い陣痛が始まりました。
日付が変わった7日、本格的な陣痛が4分間隔で来たので、深夜1時入院。
しかし...子宮口はまだ1㎝しか開いておらず、子供も下がってきてないとのこと。
「初産だからかなり時間が掛かると思う。もしかしたら今日中に産まれないかも」って助産師さんから言われ、この痛みにまだまだ耐えなければならないのか...と、途方に暮れました。(汗

午前6時、2回目の内診。
この時すでに2分間隔とかで陣痛が来てて、ちょっと歩くのも相当辛かった。(涙)
子宮口は相変わらず1~2㎝。子供は大分下がってきたけど、まだまだって言われて半泣き。
あまりの陣痛の痛さに気分が悪くなり、トイレで吐いたりもしました。

午前10時頃?!←もぅハッキリ覚えてません。w
3回目の内診。
子宮口は大分開いてきました。と言ってもまだ5~6㎝。
陣痛室が空いたので移動したんですが、すでに歩くのがやっとって感じ。
フラフラしながら陣痛室に入り、またひたすら陣痛に耐えました。

12時頃4回目の内診をした結果、結構開きが早くなったらしく、分娩室に移動。
と言っても、この日は他に分娩が2人居たらしく、LDRしか空いてなかったので、そっちで分娩することになりました。
本当ならLDRは別料金1万円ですが、分娩室が空いてなかったからタダ!!ラッキー☆
...なんて思う余裕はありませんでした。w

分娩台に上がり、内診...この時かなりいきみたい感覚があったんですが、子宮口は8~9㎝で、まだまだ赤ちゃんが下がってきてないとのこと。
陣痛に耐え、いきみ逃しをすること約1時間。
赤ちゃんの下がりが悪いので、「いきんだら下がってくるかもしれないから、ちょっといきんでみましょうか」と言う助産師さん。
初めてのいきみで、何と「パーーーーーンッ」と、ものすごい勢いで破水してしまいました。
「あららら。破水したので分娩に入りましょうか。」と言う助産師さんの言葉に、「やっとか~...」と、かなりホッとしました。w

慌ただしく分娩の準備が進む中、私はまたいきみ逃し。
この時子宮口はほぼ全開で、相当痛みはあったんですが、「破水でちょっと陣痛が遠のいたみたいだから、促進剤打ちますね~。このままの陣痛では出ないから。」と先生に言われ、「もぅ何でもいいからどうにかしてくれ~」って感じでした。

いよいよ分娩開始。
「強い陣痛が来たら思いっきりいきんでー!」と言われ、いきむこと数回。
なかなか子供の頭が出てこない。
会陰切開、吸引、そしてお腹を上から2人がかりで押され、やっと出てきました。

出てきた途端、あんなに痛かった陣痛が一瞬にして消え、かなりの爽快感!!
そして色々トラブルはあったんですが(詳しく書くと長くなりそうなので省略)、産声を聞いた瞬間かなりの安堵感。
やれやれ...って感じです。

今日で産後11日目になりますが、苦労して産んだ我が子は本当にかわいくて、あんなに苦しんだ陣痛も、今となってはどんな痛みかすっかり忘れてしまいました。
覚えてるのは陣痛逃しが辛かったのと、時間が長かったコトぐらい。
分娩時間は、陣痛が規則正しくなってからなので、「21時間31分」!!
ホント長かった...

さて...これから子育てが大変だと思うけど、かわいい我が子の為がんばります!!
パパが一人寂しく子供の帰りを待っているので、早く帰ってあげたいな~。
もうしばらく待っててね、パパ♪
[PR]
<< 4ヶ月ぶり。 ページトップ 予定日。 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
Pink Clover Skin by Sun&Moon